ホーム  >  取り扱い商品  >  プール・浴槽維持管理関連

プール維持管理

プールの水質基準

プールで感染する伝染病を予防するため、次の内容でプールを衛生的に管理する基準が定められています。

厚生労働省通達(平成19年5月28日)

①pH 5.8〜8.6
②濁度 2度以下
③過マンガン酸カリ消費量 12mg/L以下
④遊離残留塩素 0.4mg/L以上、また1.0mg/L以下が望ましい
⑤二酸化塩素 二酸化塩素濃度は0.1mg/L以上0.4mg/L以下、
亜塩素酸濃度は1.2mg/L以下
⑥大腸菌群 検出されないこと
⑦一般細菌 200CFU/mL以下
⑧総トリハロメタン 暫定目標値としておおむね0.2mg/L以下が望ましい

文部科学省学校環境衛生の基準(平成21年3月31日)

①pH 5.8〜8.6
②濁度 2度以下
③遊離残留塩素 0.4mg/L以上1.0mg/L以下が望ましい
④有機物等 過マンガン酸カリ消費量は12mg/L以下
⑤総トリハロメタン 0.2mg/L以下が望ましい
⑥大腸菌群 検出されないこと
⑦一般細菌数 1mL中200コロニー以下であること
⑧循環ろ過装置の処理水 循環ろ過装置の出口における濁度は0.5度以下であること
また0.1度以下であることが望ましい

プールの殺菌・消毒「日曹ハイクロン」

日曹ハイクロンラインナップ ハイクロンは、有効塩素70%を有し、 プール水の殺菌・消毒に次のような優れた特徴があります。
製品ラインナップ

ハイクロンの特長

強力な殺菌力
有効塩素を70%含有し、殺菌や消毒に優れています。 水中の遊離残留塩素を0.4〜1.0mg/Lに保つことにより、大腸菌等を殺菌し、また、ウイルスを不活性化します。
清澄効果
清澄効果に優れ、プールの透明度を増します。
豊富な製品
滅菌器(日曹ハイクロネーター)用とプールへ直接投入する製品等を取り揃え、ご要望にお応えできます。
pH調整不要
本品はプールを中性に保つので、pHの調整は不要です。 プールの設備や塗装への影響はありません。
目にやさしい
基準値の遊離残留塩素濃度は、プールで中性になり、目を刺激しません。
経済性
本品のみで、プールの遊離残留塩素濃度を管理できます。

ハイクロン投入方法

プール用塩素連続注入器「日曹ハイクロネーター」で管理する場合
各器種の日曹ハイクロネーターには、指定の専用薬剤「日曹ハイクロン(錠剤)」以外の使用は、絶対にしないでください。(他の全ての薬剤と混合しないでください)専用薬剤「日曹ハイクロン(錠剤)」以外を使用した場合は、有毒ガス等が急激に発生したり、爆発することがあります。
直接投入方式の場合
1.プールを使用する前の準備
顆粒剤(ハイクロンG)を水1m3当たり1〜1.5gの割合で、ポリバケツ等に溶解してください。
この溶解剤をプールへ均一に散布してください。
プールの遊離残留塩素の濃度が基準値であれば、プールは使用できます。
2.プールを長時間使用する場合
顆粒剤(ハイクロンG)を投入後、直ちに、水5m3当たり日曹ハイクロン(錠剤)-20を1錠の割合でプールへ均一に投入してください。
追加投入により、約3時間程、遊離残留塩素の基準値を維持することができます。
3.さらに続けてプールを使用する場合
約3時間後、水5m3当たり日曹ハイクロン(錠剤)-20を1錠の割合でプールへ均一に再投入してください。
再投入により、約3時間程、遊離残留塩素の基準値を維持することができます。

浴槽維持管理

塩素系薬剤『バススター』

バススターバススターシリーズは塩素系の薬剤として取扱いが簡便で優れた除菌効果を持ち、入浴施設管理者の日常衛生管理をサポート致します。
用途に応じて利用できる4タイプ 製品ラインナップ


サイト内検索
カレンダー
前月2021年 5月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<今日>
ログイン
ユーザー名:

パスワード: